口腔外科

口腔外科

歯牙移植

治療前
治療前
治療後
治療後

忙しくて治療中断して、1年間放置していた奥歯が痛み出した。再び歯科医院に行くと「これは駄目だから抜歯しましょう」と言われた。
ちょっと待ってください。ひょっとしたらその奥に、親知らずが残っていませんか?これを抜歯した後、移植すると、元のように噛めるのです。
またよくあるのは、上の前歯の根っこの破折で抜歯になるケースや、抜歯してすぐにインプラントにするのではなく、なるべく歯根を傷つけないように抜歯して、前後ひっくり返して保存できるケースがかなりあります。あきらめずにご相談ください。 硬いものが好きで、前歯が折れた方、ひょっとしたら保存できるかもしれません。

下顎の親知らずの抜歯

現代人は、顎が小さくなり、歯は大きくなったため、顎の一番奥にある親知らずのスペースがとれなくなりました。そのため、親知らずが大抵、変な位置から出てきます。このため、物がつまりやすく、虫歯になったり、歯茎に細菌が入りこみ、腫れたりします。このような場合は、当然抜歯が一番いい方法です。いわゆる下顎の難しい埋伏した親知らずも、当院ならCT撮影(3,000円)ができますので、3次元的な位置関係を把握でき、安全かつ確実に治療できます。その結果術後の腫れ、痛みも軽度ですんでいます。神経管に根っこがまたいでいるケースや中に入り込んでいるケースでも、位置関係を頭に入れて、優しく抜いているので、神経麻痺は今まで一件もありません。

歯肉の移植

歯茎がやせて歯が痛くなった、あるいは歯ブラシすると歯肉にあたって痛い場合、上顎の固い歯肉を移植し、固くて安定した歯肉にすることもできます。
インプラント治療でも、インプラントの周りにしっかりと固い歯肉がない場合、歯肉移植してしっかりとした歯茎を作ります。移植された上顎の歯肉は、2ヵ月ほどで完治し何度でも歯肉移植できます。