矯正歯科

矯正歯科

矯正治療は何歳からでも、何歳になってもできます。歯並び、噛みあわせが気になっている方はご相談ください。

接着剤や材料の進歩のおかげで、職人技を必要とする、ブラケット作り、複雑なワイヤー曲げが不要となりました。専門医でなくても矯正のメカニズム、噛みあわせをよく理解して、日々真面目に診療していれば、大抵の症例はこなすことができます。

当院の矯正方法は、最初に一番奥の親知らずを抜き、スペースを作り、歯を奥に移動させることで、なるべく歯列の中間の歯を抜かないMEAW法を行っております。

乱れた噛みあわせ(不正咬合)の原因は噛みあわせの高さ(咬合高径)や、すべての歯の噛みあわせをつないだ面(咬合平面)の異常によるものですので、それを正常にしてやれば、安定した咬合になります。
言い換えれば積極的に咬合高径、咬合平面を矯正装置で変えていくということです。
これによって安定咬合をつくりあげます。

咬合の安定の要は、実は、第一小臼歯なのです。
よって一般的な矯正専門医のようにスペースを作るために咬合の要となる第一小臼歯を安易に抜くことはありません。
この第一小臼歯を抜かない方法は、噛み合わせの原理、原則がしっかり理解していないとできない方法です。
当院では、矯正でとりあえず歯がきれいに並んだが、頭痛や首筋の痛み、顎の痛み等の原因になる顎関節症になることは、考えられません。

この方法は、非常に弾性が高いゴムメタルワイヤーの出現により複雑なワイヤー曲げが不要となりました。
また咬合の要になる小臼歯をできるだけ抜かないことで、しっかり咬むことができ、自然な顔貌となります。小臼歯を抜かざるを得ないのはよほど歯並びの悪いケースです。

またゴムメタルワイヤーの利用で、3次元的に歯を動かしますので、従来より短期間で矯正装置をはずすことができます。

必要に応じて、アンカーにミニインプラントを埋入し、より早く歯を動かしたり、難しいケースに対応しています。