インプラント

インプラント

当院のインプラント治療

インプラント治療は、当方、卒後3年目からやり始め、開業してからは、多いときには、毎日のように手術してきました。お蔭様で多数の患者さんに喜ばれてもらいました。
当院の50歳以上の患者さんで、少なくとも7割以上の方が、インプラント治療を受けられています。また、同じ患者さんが、何度も手術を希望されます。何故なら安心、安全はもちろん、手術後の痛みが少ない、そしてなによりも、当院努力により適正価格としているからと自負しております。

当方のインプラント一本(歯代も全て含む)23万から、最高35万で、平均30万弱です。10年前は、もっと安かった。
もちろん骨再生(当院では難症例が多い)手術、人工骨代、仮歯代、2次オペ代、診断料、レントゲンCT代を含めたすべてで、この値段です。

この値段では、正直、大幅な利益は見込めませんが、歯医者なら誰でもできる一般的な保険治療よりも、相当なスキル、相応な知識を要求されますのでそれなりの利益は、出ています。

もちろん、相当に価格を抑えても患者さんにはかなりの金銭負担です。しかし、インプラント治療を受けられた人は、その威力(入れ歯との違い)に驚き、その後も何本も手術し、ご家族やお知り合いを紹介していただいております。

手抜き手術で訴訟となっては、大変困りますので診断、インプラント埋入位置、審美性等、熟考し、手術計画を練ります。これが、最高に楽しいのです。
また、当然全ての器具を完全滅菌してますし、包装されたインプラントは、埋入直前まで触りません。手術には、最大の注意力を働かせ、時間をかけ、丁寧、確実にやっております。
その結果、今のインプラント、人工骨は、すごく性能が良いこともあり、当院の臨床でも25年以上前のインプラントも何の問題もありません。
13年前から骨を再生させる最先端とされた方法も手術に取り入れており、そうして作った骨だけで支えられているインプラントも当院では、何百本も活躍しています。手術計画を練るために、骨の状態を観察するために絶対必要なCTももちろん導入しています。

しかし、 何故これほど高額な医院が多いのか? ポイントは、回収です。
以下理由を書きます。

インターネット等の過大な広告、、、、、
実はネットの広告費用は相当かかります。検索結果が常に上位にあがる医院ほど広告費用が膨大にかかっています。よって検索上位に挙がり治療費を公開してない医院は相当高額と思って間違いないでしょう。

無料相談、、、、、
当然、それにかかるスタッフの人件費、手間代は、自費治療に上乗せされ回収されます。

内装、外装、がやたらに豪華、駅前の一等地、、、、、
投資すれば当然、しっかりと回収されます。内装で大事なことは、清潔感と思っております。駅前は家賃が高くて無理でした。しかし、その分インプラントに限らず、自費がすべて安くできるのです。

手術室がある、、、、、
歯科の開業医レベルで、手術室が無菌とかあり得ないです。外部の雑菌のある空気を遮断するには、手術室内を高圧にする必要があるのです。手術部屋をひとつ増やすことは、部屋の内装費だけでなく、普段遊ばせているその部屋の家賃も払わなければなりません。どう頑張っても雑菌のある口腔内、終わったあとも、必ず雑菌にさらされるのがお口なのです。手術室はパフォーマンスに過ぎません。

やたらスタッフが多い、しかもおしゃべり、手持ち無沙汰にしている者がいる、、、、、
彼女達の給料も払わなければならない院長は大変ですが、不要なスタッフを雇った院長の失敗が患者さんの自費の費用に跳ね返ります。

海外の有名ブランドのインプラント、治療器具等もブランド品を使っている、、、、、
何故か歯医者の先生は、ブランドがお好きな人が多いようです。日本車と比べてドイツ車は、性能がいいですか?壊れにくいですか?イタリアブランドのバックが使いやすいですか?
当院では、医療メーカーとしても有名な京セラのインプラントです。日本人の華奢な顎に合うように開発されているため、使いやすいですし、予知性も海外ブランドメーカー以上と感じております。メイドインジャパン最強と思います。

専門医を呼んでインプラント手術をさせている、麻酔専門医がいる、、、、、
雇った専門医に払う手当かつ医院の収入と2重に請求されるのです。その雇われた専門医は、将来もその医院に出向いて面倒見るのでしょうか?責任はとってくれるのでしょうか?

最大は、当然ながら専門医だからといって、上手、将来のあるべき嚙む位置にインプラントを正確に埋入できるとは限りませんよ。
また、インプラント手術ごときで、麻酔専門医が必要とはどうしても思えません。それとも麻酔専門医が必要な程、麻酔をしっかりと効かせられないのでしょうか?痛いのでしょうか?そんな馬鹿なことはあり得ません。
通常の部分麻酔で2時間以上かかる複雑な手術でも楽に対応できます。

医院努力して上記の無駄な費用をなくしていけば、適正価格になりますし、レントゲンCT(これなくしてインプラントの診断、手術は怖くてできない)のような高価な道具も導入できるのです。

高価でも本人が納得すれば良いと思いますが、、、私の自費治療の考え方は、「安かろう、悪かろうは、最悪であるが、同じ性能なら安いに越したことはない。」です。予知性が高いから保証をつけられるのです。

手術室、麻酔専門医、インプラント専門医、口腔外科専門医、ブランドインプラントとか本来インプラントの予知性に全く関係しない情報が多くて困ります。

大事なのは、適性な値段で、よく嚙めて丈夫で長持ち 見た目もよい。これが、当院の考えです。 

当院で使用しているメーカー

当院では、医療メーカー、人工関節で有名なJMM(京セラ)のインプラントを利用しております。適正な値段、丈夫で長持ちで、まさしくメイドインジャパンです。西欧のメーカーは、システムが複雑で、値段も割高に感じましたので現在使っておりません。