歯牙周りの骨の再生治療~GTR法~

歯牙周りの骨の再生治療~GTR法~

GTR法(歯牙周りの骨の再生治療)

GTR法
GTR法
 

従来の治療法は、ポケットを減少させることでした。しかし、歯の支持組織が回復したわけではありません。従来の方法では歯肉の位置が低くなり、歯が従来より多く露出する場合があります。

再生による治療の目的は、歯が機能するための支持構造を回復させることです。
このため歯肉の位置も維持することができます。歯周治療の最終目的は、病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。

1980年代の初頭に、歯を救う新しい治療方法の研究がスタートしました。
その結果、歯周病の全く新しい治療方法として、歯の周りに必要な組織を再生させて、歯の支持構造をできるかぎり元の状態に戻すという再生法(GTR法)が確立され、1990年代になってから世界中で広く応用されるようになりました。

あなた自身の生体再生能力を利用

生体再生能力
生体再生能力

歯周病で破壊された歯の支持組織(腺維組織や骨)は、その原因を除去すれば再生しようとします。
しかし、患部を清掃した後に何もせずそのまま治療を待つと、必要な支持組織が再生する前に別の軟組織がそこに入り込み、うまくいきません。

そこで、ポケットの内部を清掃した後に、メンブレンを設置し、外からの不要な組織が侵入しないように防御します。
そうするとメンブレンの下には歯の支持組織が再生を始めゆっくりと成長していきます。