虫歯治療

虫歯治療

虫歯の段階と治療法

C1 エナメル質に進行した初期の虫歯。白濁している。レントゲンでもわからないので見落とすケースあり、症状は全くない。

治療法
虫歯を削り取り、主にコンポジットレジンという強化プラスチックを詰めます。
C2 エナメル質を超え象牙質まで達した虫歯。白濁茶色。レントゲンでわかる。症状はない場合が多いが、深くなると冷たい水でしみる。

治療法
虫歯を削り取り、コンポジットレジンを詰めるか、大きくなると、型取りして、歯に合った金属またはセラミック等をセメントでくっつけます。
C3 象牙質を超え歯の神経に達した虫歯。激しくしみる。ひどくなるとなにもしなくてもずきずき痛む。

治療法
神経を取り除かないと痛みはおさまりません。根っこの治療(根幹治療)後、歯質がかなりなくなっていますので、土台を作りヘルメットのように、冠を被せます。回数も多くかかります。

あまりよく知られていませんが、虫歯は細菌感染によって起こります。

しかも相当大きくなるまで無症状です。そのため知らない間に、口腔内に虫歯菌が充満し、いたるところに虫歯がみられる方が多くいらっしゃいます。

患者さんから「しみもしないのに、痛くないのに虫歯ですか」と良く問われますが、虫歯でしみるようならかなり大きくすぐに痛くなります。

虫歯は、痛くなる前にすべて直すことが大切です。

痛くなると、歯の神経を抜かないと痛みはとまりません。口腔内の虫歯菌を増やさないために、「早期治療」「砂糖に気をつける」「歯磨きのやり方」が大切になります。

当院の虫歯治療の原則

痛くない麻酔処置

麻酔が嫌だから、痛いからと歯科医院に足を運ぶのが億劫になる患者さんが案外多いです。ところが、針を刺すところに表面麻酔をし、ゆっくりと薬液を注入してやれば、さほど痛くありません。

麻酔がうまいのが上手な歯医者と勘違いされている患者さんが多いですが、そうではありません。麻酔が下手な歯医者は雑なのです。

当院では痛みを伴う処置は、できるだけ慎重にするように心がけております。

虫歯を見逃さない

初期の虫歯はレントゲンでもよくわかりません。
また虫歯の診断だけで、何度もレントゲン撮影をするのも患者さんから嫌がられます。

特に歯と歯の間は、見落としやすく、一番虫歯になりやすい場所です。
当院では、レーザー虫歯診断器がありますので、まず見落とすことはありません。

徹底的に虫歯を取り、2次感染を防ぐ

虫歯を残したままコンポジットレジン等を詰めると閉じ込められた歯の虫歯が広がり、1~2年後くらいに痛みます。

経験で虫歯がとれたかどうか大抵わかりますが、さらに虫歯検知液を使い完全に虫歯を除去した後、次の処置に移ります。

虫歯菌を薬剤で不活性化するため、進行を抑えることができるので、すべて取りきらなくても良いという考えもありますが、私は、それらの薬剤を疑問視していますので、当院では使っていません。

薬剤では、虫歯の進行を抑えるのは不可能だと思っております。

虫歯を残しても良いという薬剤
(当院では上記の理由によりできません。)

3MIX-mp

一時期夢の治療とマスコミにもてはやされました。抗生物質、抗菌剤3種混ぜることで、広く抗菌作用を示し、虫歯菌を殺菌、不活性化する。よってかなり虫歯を残しても大丈夫ということです。

処置法が非常に簡単ですので、過去私も実践しましたが、駄目でした。勉強会、多くの学会で否定的です。

ドッグアスベスト

鉄イオンと銅イオンで、虫歯菌を殺菌するのですべて除去する必要は無い。という昔からある方法ですが、上と同じ理由で、新卒でもできる簡単な処置なのに歯科医師の間で全く広がっていない、有効性 安全性が担保されていない。

エナメルリペア

歯質強化 歯質再生を掲げています。値段が高い。成分が公表されていない。
良い治療ならインプラントのように急速に広がるが、多くの歯科医師の間で全く普及していない。