クリニック紹介

クリニック紹介

当院の特徴

1.患者さんの訴えをよく「聞く」から始める治療

時間が取れないので、痛い歯、気になる歯だけ治して欲しい方、時間はかかってもよいが、費用は抑えたい方、費用も時間もかかって良いので、満足できる最良の治療をして欲しい方、様々な要求があります。充分に要求を聞き、それに答えられるよう、幅広く、専門書を読み、講習会、勉強会にも参加し日々、研鑽しております。患者さんに現在の歯科で可能な治療方法、それぞれの利点、欠点をお伝えし、最終的には患者さんに選択してもらいます。

極めて当たり前の方法ですが、インフォームド・コンセント(治療内容を理解し合意して進めていく)患者さんとの信頼関係、相互理解を大事にしております。
無理に高額な治療を薦めたり、説明もしないで治療するようなことはいたしません。

2.予約を大事にし、痛くなく丁寧で無駄の無い治療

歯医者に行きづらくしているのは、痛いことをされるのではないか、一旦通い始めると、とてつもなく時間がかかるのではないか、予約しても時間通りに診て貰えないといった理由ではないでしょうか。

丁寧に時間をかけて、少しずつ薬液を注入すれば誰でも痛みの無い麻酔ができます。抜歯、インプラントの手術時、骨、歯肉等の組織にダメージを与えないように丁寧にやれば、術後の痛みはかなり抑えられますし、治癒もよくなります。

一本の歯の根管治療、すなわち歯の根っこの治療で、4回以上かかっているのであれば、適正な方法ではありません。当院はCTもありますので、病因がはっきりわかり、無駄を省き予知性の高い治療ができます。

予約したのに毎回待たされるのは嫌なものです。歯の治療の特質上思わぬ時間がかかるケースもありますが、常に待たされるなら、明らかにその歯科医院の能力以上の患者さんを予約しています。こうなると患者さんも心得たもので、待たせる時間分、遅れてくるようになり、時間をきちんと守る患者さんは、何のための予約かわからなくなってしまいます。

当院では、このようなことがないよう、キャパシティ以上の患者さんを無理に入れないようにしております。

3.質の高い治療

平成元年に卒業して27年、歯科も随分と進歩しました。インプラント、歯周外科の手術方法は、出つくした感があります。矯正では、MEAW法の登場により、歯列の真中にある小臼歯を抜かなくてすむケースが多くなり、歯列の割には歯が大きくみえる矯正特有の顔貌ではなく、より自然な顔貌が可能になりました。

こういう様々なテクニックを身に付けるのは、材料の進歩のおかげで、探究心を持ち、専門書を読み、講習会に行き、研鑽していけば、それ程難しくありません。歯科医において大切なことは実はテクニックよりも、患者さんの咬合を的確に見極め、診断する能力だと思います。高額なインプラント治療、セラッミック治療、全顎的な矯正をやると一見キレイです。しかし、与えた咬合が不適切なら、物が噛めない、噛むと痛い、常に頭痛、耳鳴り、首が痛い、目が開きにくいといった症状が現れます。気の毒ですが、不適切な咬合が原因ですから一からやり直しです。前の歯科医院で全額返納してもらい、当院で再治療された方も何人かいらっしゃいます。

4.安心・安全な治療

他人の履いたスリッパを履くのは抵抗がありますし、他人の髪の毛が自分の体に触れるのも嫌なものです。

当院では、多少掃除の手間はかかりますが、水虫の感染を防ぐためスリッパを廃止し、土足で治療を受けることができます。紫外線の滅菌ボックスでは、菌を死滅させることは、不可能です。

ヘッドカバー、エプロンは、毎回交換しており、他人の匂いが移ることもありません。エアータービン、コントラの切削器具も毎回交換、滅菌しております。

他人の飲み物を口映しで飲むことができますか?私は気持ち悪くてできません。エアータービン等の切削器具を毎回替えるのは、自分やスタッフがされたら嫌だからです。もちろん2次感染は当院では考えられないです。

当院が取り組んでいる滅菌対策について詳しく見る

院内ツアー

外観

外観 外観 外観

受付・待合室

受付・待合室 受付・待合室 受付・待合室

診療室

診療室 診療室 診療室

その他

その他 その他 その他

設備紹介

歯科用CT

歯科用CT

高出力半導体レーザー手術装置

高出力半導体レーザー手術装置

超音波切削器具

超音波切削器具

オートクレーブ

オートクレーブ