10人に1人は歯が足りない!?~先天性欠如歯とは~

10人に1人は歯が足りない!?~先天性欠如歯とは~

先天性欠如歯という言葉をご存知ですか?これは本来生えてくるはずの歯が生えない事を言います。人は大体3歳くらいで乳歯が生え揃い(20本)、その乳歯の下に永久歯が出来始めます。そして、6~12歳で永久歯へ生え変わります(親知らずを除いて28本)。永久歯が生え揃うには個人差があるので1~2年差があっても心配ありませんが、乳歯がいつまでも残っている場合は先天性欠如歯の可能性があるため、注意が必要です。歯科医院でパノラマX線写真(レントゲン)を撮影し、乳歯の下に永久歯が出来ているか確認しましょう。先天性欠如歯は10人に1人の割合で存在します。原因は遺伝・薬剤・感染などが影響していると考えられています。

永久歯が存在する場合、永久歯が出てくることで乳歯が抜けますが、先天性欠如歯の場合は永久歯がないため抜けずに残ります。そのため、出来るだけ長く乳歯をもたせることが大切になります。乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質と呼ばれる歯の組織が薄く、歯根も短いため、一生もたせるのは難しいですが、当院では40歳近くまで乳歯が残っている患者様もいらっしゃいます。日頃のケアをしっかりし、虫歯や歯周病にならないように気をつけることが大切です。

乳歯がだめになったら

だめになった乳歯を補強する方法にはブリッジ、入れ歯、インプラント、歯列矯正などがあります。

ブリッジ・・・両隣の歯を削って橋渡しのように被せる方法です。欠点は健康な両隣の歯を削らなければいけないということと、磨くのが難しいということです。ただし、固定式なので取り外す手間がなく、見た目も一見普通の歯のように見えます。手術なども必要なく、保険診療で出来るので、時間やコストがあまりかからないという利点があります。

入れ歯・・・両隣の歯に引っ掛けをかける、部分入れ歯という方法です。欠点は両隣の歯に負担がかかり弱りやすいということと、前歯の場合引っ掛けが目立ちます。ただし取り外し式なので掃除がしやすいことと、ブリッジと同じで時間やコストがかからないという利点があります。

インプラント・・・歯茎にネジ式の人工歯根を埋める方法です。単独で歯が入るため、両隣の歯に負担をかける心配がなく、自分の歯以上に良く嚙めます。ただし、インプラントを埋入するための手術が必要になります。自費診療になるため、時間やコストがかかります。

歯列矯正・・・歯に矯正装置をつけて動かし、歯と歯を寄せて隙間を生める方法です。こちらも他の歯を傷つける心配はありませんが(症例によっては小臼歯や親知らずを抜歯する必要がある場合もあります)、自費診療になるため、時間とコストがかかります。

抜けたままにしておくと、両隣の歯が倒れてきたり、嚙み合わせの歯が出てきたりして、嚙み合わせが悪くなってしまうため、自分にあった治療方法を選択し、乳歯部分を補強しましょう。

スタッフより

投稿日:2018年10月20日  カテゴリー:未分類