食後すぐの歯磨きは歯を溶かす?

食後すぐの歯磨きは歯を溶かす?

「食後すぐに歯磨きをすると歯が溶けるので、食後30分間は歯磨きをしないほうが良い。」

このような話がネットやTVなどで取り上げられ、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?しかし、この情報は正確なものではありません。

では、なぜこのようなことが言われているのでしょうか?それは、食後の歯の仕組みが大きく関係しています。

繰り返される脱灰と再石灰化

歯は食事をするたびに脱灰(だっかい)と再石灰化(さいせっかいか)を繰り返しています。

脱灰とは?

食事をすると、口の中の細菌が食品の糖を取り込み、分解して酸を産生します。その酸は一時的に歯の表面(エナメル質)を溶かしだします。この現象を脱灰といいます。

再石灰化とは?

脱灰によって溶かされたエナメル質は、唾液によってミネラルが補給され、元の状態に修復されます。この現象を再石灰化といいます。

 

この脱灰と再石灰化のバランスが崩れると、歯がどんどん溶け、虫歯の原因になるのです。

このことから、「食事をした後すぐに歯磨きをしてしまうと、再石灰化が始まる前のため、歯の表面を傷つけやすく、虫歯の原因になる。」ということで、食後30分は歯磨きをしない方が良いとメディアで紹介されたのです。

しかし、日本小児歯科学会では歯垢を口腔内に残しておくことの方が多くの酸を作り出してしまうためリスクが高く、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要であるとしています。口腔内に食事のカスが残っていると、細菌はそれを栄養にしてどんどん酸を産生します。食後は早めに歯磨きをして、再石灰化を促しましょう。

 

ただし、酸性度の強い食品を口にした時は例外です。酸性度の強い食品は、歯の表面を溶かして軟らかくします。そのため、食後は水などで口をゆすぐ程度にして、30分程時間をあけて歯磨きをすると良いでしょう。

酸性度の高い食品は主にコーラなどの炭酸飲料、栄養ドリンク、お酢、柑橘類、梅干しなどがあります。

これらの食品を頻繁に摂取している方は酸により歯が溶ける「酸蝕症」になり易いため、特に注意が必要です。過剰な摂取はできるだけ控えましょう。

まとめ

通常の食事の後は食後すぐに歯磨きを!酸性度の強い食品を食べた後は30分後に歯磨きを!

様々な情報に流されず、正しい知識をもって健康で丈夫な歯を守りましょう。

スタッフより

投稿日:2018年10月31日  カテゴリー:未分類