口臭の原因、正しい舌の磨き方

口臭の原因、正しい舌の磨き方

皆さんは舌のケアを行っていますか?食後は歯だけではなく、舌や口の中の粘膜にも細菌が付着します。そのため、食後は歯磨きだけではなく、舌や粘膜のケアも必要なのです。

口腔内粘膜のケア

粘膜のケアはマウスウォッシュ(洗口剤)を使用しましょう。マウスウォッシュを口の中全体に広がるように1回20秒ほどしっかりとうがいすることで、粘膜の浮遊性細菌を洗い流すことが出来ます。

舌のケア

舌の表面は糸状乳頭と呼ばれる糸のような突起が無数に存在しています。糸状乳頭があることで舌の表面がざらざらし、食事をなめ取りやすくなっているのですが、糸状乳頭の間に食べかすが入り込むと、そこに細菌が繁殖し、白い苔のような舌苔(ぜったい)が発生します。舌苔が厚くなると味を感じにくくなったり、口臭の原因になります。うがいだけでは洗い流すことは出来ないため、正しいケアが必要です。

磨き方

舌の白色がなくなるまでやる必要はありません。あまりやりすぎてしまうと舌を傷つけてしまうため、同じところを何度も擦らず、舌の奥から手前に向かって一度やさしく掻きだすようにしてください。それを舌全体に行えば充分です。

【舌ブラシを使用する】

舌を磨くための舌ブラシというものが市販されているので、それを使用すると簡単に落とすことが出来ます。軽い力で奥から手前にマッサージするように使用してください。

【やわらかめの歯ブラシを使用する】

歯ブラシを使用する場合は、普通の硬さの歯ブラシだと刺激が強いので、柔らかめの歯ブラシを使用しましょう。使い方は舌ブラシと同じで、奥から手前に優しく使用してください。

【歯ブラシの毛の側面を使用する】

普段使用しているやわらかめではない歯ブラシで歯磨きのついでに舌のケアをしたい場合は、歯ブラシを寝かせ、毛先ではなく側面を舌に当ててやさしく奥から手前に撫でるようにしましょう。それだけでも充分舌苔を落とすことが出来ます。

スタッフより

投稿日:2018年10月17日  カテゴリー:未分類